WordPressサイトのパンダアップデート対策

2012年07月18日より適用されたパンダアップデート

Google、パンダ・アップデートを日本語と韓国語に正式適用(ASCII.JP)

100000dobuもサーチエンジン経由からのアクセスが、思いっきり影響を受けました。
数%の影響ではなく、数十%の影響を受けました。

やはり何の対策もしていなかった上に、リンク切れ・重複コンテンツを野放しにしていた、
つまりサイト内部の問題を放置してきた罰が当たったのでしょうか?

WordPressで作成したブログ・サイトがパンダアップデートの影響を受けてアクセスが下がってしまった場合、どうすれば良いのかいろいろ調べてみました。
しかし、なるほど・・・と思わされる内容から、ええ?と思ってしまうものまで様々。

Googleのサーチクオリティチームのコメントは、
低品質なサイトの掲載順位を下げ、同時に、良質なサイトの掲載順位をより適切に評価します。例えば、ユーザーにとってあまり 価値のないサイト、利便性の低いサイト、他のサイトからのコピーで構成されているようなサイトの掲載順位は下がります。一方、独自の研究や報告、分析な ど、ユーザーにとって重要な情報を提供しているサイトの掲載順位はより適切に評価されるようになります。この変更は、日本語、韓国語ともに約 4% の検索結果に影響する見込みです。

Googleとしては、質の高いサーチエンジンであり続けるための改善であり、毎日・毎分・毎秒と増え続ける膨大なWEBサイトからユーザーが求める情報に巡り会えるようにするためのアップデートが”Panda”と呼ばれる アルゴリズム変更なわけです。

自分も含めて7/18から実際に影響を受けた人は、焦ったと思います。
「パンダアップデートめ!なんてことをしてくれたんだ!!」
しかし、調べれば調べるほど、そのうちアクセスは戻るだろうと思えるようになりました。
また、長い目で見れば、今回のパンダアップデートはサイトオーナーにもユーザーにもメリットのあるものだと考えています。

なので、今回のパンダアップデートの対策としては、“何もしないで待つ”でも良いのかも知れません。
(ただし、悪質なSEO対策を行なっていないサイトであることが前提。)
実際に、今日からアクセスが回復してきました。

また、SEO業者に検索順位を上げてもらったサイトオーナーの方は、パンダアップデートを機に新たなSEO対策が必要だと、業者が新たなプランを持って営業に来るかも知れません。しかし、今までSEO業者の行なってきた尻拭いをSEO対策を依頼したサイトオーナーの出費で行う事形になる可能性があります。パンダアップデート適用日(2012.07.18)から検索順位が落ちたまま上がってこない場合は、特に警戒して下さい。
今回のパンダアップデートを機に、100000dobuも放置していたサイト内の問題を少しでも解決するようチャレンジしてみました。
この方法でパンダアップデート対策になると言うわけではなく、あくまでサイト内の問題を解決する為に実行したことです。
ただ、これによって何らかの影響が出てこないかなと少しは期待していますが。

  • リンク切れ大掃除
    Wordpressのプラグイン、Broken Link Checkerを使いました。Broken Link Checkerの使い方については、こちらを参考にしました。
  • Googleウェブマスターツールで健全性→クロールエラーで問題がないか確認
  • URL正規化
    コンテンツの重複を回避。
    一つの記事につき、複数ページが重複してインデックスされていないか確認しました。
    例えば1つの記事を投稿したとします。URLが違ってもその記事が表示されてしまう状態になっていないかを調べるのです。http://support.google.com/webmasters/bin/answer.py?hl=ja&answer=139066 (Google 正規化についての説明)All in one SEO Packの設定確認canonical URLs がオンになっていることを確認。同じ記事で複数のURLが存在しても、サーチエンジン側に重複インデックスでないことを知らせることができます。
    Wordpress パンダアップデート対策

    Google XML Sitemapsを使ってサイトマップを送信している場合、
    ホームページ、投稿(個別記事)を含める、固定ページを含めるのみに設定
    Wordpress パンダアップデート対策

  • タグクラウドは不要と判断。
    一時は使っていたタグクラウドですが、必要ないなと思いタグクラウドウィジェットを非表示にしていました。重複コンテンツ云々の問題を考えて、無くすことにしました。

以上です。

アフィリエイトは、広告レイアウトにも注意したほうがよさそうです。
http://support.google.com/adsense/bin/answer.py?hl=ja&ctx=as2&answer=1282097&rd=1 (Google 最適な広告の配置についての説明)

パンダアップデートでアクセスが大きく変動してしまった皆さん。
まずは落ち着いて暫くの間様子を見ながら、ページ内の問題を少しでも解決してみて下さい。

悪質なサイトでなければ、必ずアクセスは戻ってくるはずです(たぶん)。
もしアクセスが戻って来なかったら、何か問題が隠れているのかもしれません。


2012.08.27 追記
約1ヶ月経過しました。
基本的な対策は“何もしないで待つ”です。

全く何もしなかったわけではありませんが、念の為にリンク切れ大掃除、クロールエラーの確認、URL正規化を実施しました。正味10分位の簡単な作業です。

以上で、完全にアクセスは戻りました。
検索されていたキーワードも回復し、パンダアップデート前より1割程アクセスが上がっています。


2 thoughts on “WordPressサイトのパンダアップデート対策

  1. Pingback: pc.casey.jp » パンダ・アップデートとWordPress(2) – 対策例

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。