ロバート・ゲラー教授、地震予知に反論

ロバート・ゲラー教授(東京大学大学院教授)は
あらゆる地震に対する「予知は不可能」と断言
「地震予知を即刻やめるべき」
「地震研究は官僚主導ではなく、科学的根拠に基づいて研究者主導で進められるべき」
「日本全国どこでも危ない」

このような発言を無責任と受け取るか、地震予知を根本から見直す必要がある、と受け取るか。
一つ言えるのは、間違った地震予知は、犠牲者を増やす可能性があることです。

今の段階では、日本全国が大地震が発生する可能性があり、
あてにならない予知を続けるなら、防災に力を入れる事が必要なのだと思います。

地震ハザードステーション J-SHISが公表している 確率論的地震動予測地図

ロバート・ゲラー教授  地震予知

コメントを残す