1/3 東名阪自動車道 亀山からの大渋滞

昨日、三重県方面からの帰り、大渋滞に巻き込まれました。

この道が渋滞することは分かっていました(特にETC1,000円の日は)。
分かっていたから、少し早めに名古屋に向かって走りましたが、電光掲示板には10kmの渋滞の表示。
10kmなら1時間もあれば通過できるだろうと考えていました。

ところが、渋滞に巻き込まれた瞬間、動きません。
ここまで動かないと渋滞ではなく、ほぼ通行止めと言っても過言ではありません。
本来ならこのことを高速道路に乗るドライバーに伝えるべきではないでしょうか。

A地点~B地点まで、約1km進むのに40分位かかりました。
東名阪 亀山 渋滞

これはおかしいと、NEXCO中日本に電話して問い合わせ。
少し先で事故があったそうで、さすがに耐えられなくなり、亀山パーキングエリアの
スマートインターチェンジを利用して下に降りました。結果これが正解。

亀山パーキングエリアに入る途中、亀山JCTの合流するところが見えましたが
車が多すぎてとても酷い状態でした。

スマートインターチェンジが無かった事を考えると、ぞっとします。

それにしても、東名阪四日市付近からの毎度の渋滞、何か良い対策は無いのでしょうか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。