アメリカに到着した3.11の津波で流された漁船の中でイシダイが生きていた

東日本大震災の大津波でアメリカ西海岸に漂着した漁船(小舟)の中に、生きた状態で日本近海に住むイシダイが見つかりました。

漁船の大きさは約5.5メートル。2年間、8000kmの船旅をしたイシダイは、オレゴンの水族館で飼育されることになったようです。


One thought on “アメリカに到着した3.11の津波で流された漁船の中でイシダイが生きていた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。