空中消火の飛行機が40トンの水を警察官に命中

ロシアのモスクワ東部のノギンスクで、空中消火のデモンストレーション飛行中のIL-76機が約40トンの水を森林に投下。しかし投下した水がそれてしまい、その様子を職務中に撮影していた警察官に命中してしまいました。

コメントを残す


This site uses Akismet to reduce spam. Learn how your comment data is processed.