グアテマラを流れるプラスチックごみの川

昨年4月にゴミの山が崩落して大勢の人がゴミに飲み込まれて命を失ってしまったグアテマラ。

川を流れるプラスチックゴミのショッキングな映像ですが、グアテマラのゴミ問題は深刻です。その理由の一つがゴミの収拾サービスを個人や企業・学校等の団体が各自でお金を支払って受けなければならないことです。

日本は支払った税金で行政サービスとしてゴミを収拾してくれます、ありがたいことですね。

5 thoughts on “グアテマラを流れるプラスチックごみの川

  1. 匿名

    前にアルピニストの野口健がネパールの川がゴミで溢れているのを
    レポートしている動画を見たことがあるが、とにかく酷かった。
    地元の住民が、リヤカーで運んできた大きなポリ袋のゴミを
    次から次へと川に投げ込んでいた。
    水の流れが見えなくなるほどだった。

    Reply
  2. 匿名

    日本も西側の海岸線は似たような惨状になってるとこが少なくないよ
    海の向こうでバカな隣人がどんどん捨ているから、こっちでいくら片づけてもキリがない

    Reply
  3. 匿名

    日本じゃ当たり前のごみ収集って実はとてもありがたい市民サービスなんだよな。イタリアでもごみ収集のボイコットがあったとき一瞬にして待ちがゴミだらけになって悪臭凄かったから。
    日本だって2~3週間ごみ収集止まったらそりゃもう大変なことになると思う。

    Reply
  4. 医名

    ペットボトル等のプラスチック製品を売る会社に回収や収集の業務も義務づける必要がある。会社の規模で回収等が出来ないのであれば、回収等を行う会社を業界で立ち上げ、その運営費は販売会社から一定の費用を負担させるべき。費用負担を断る会社は国内において流通を許可しないようにすれば費用は賄えるし、後の事を考えて物を作るようにもなる。
    プラスチックは一部を除いて自然分解しないので自然界の生態系を破壊するのにとても役立っています。特に海では外来生物の移動方法の1つとしてよく利用されています。

    Reply

コメントを残す