約60cm、重さ5kg程の木片がフロントガラス直撃

高速道路を走行していたら前の車が急に右に寄ります。その理由は長さ約60cm、重さ5kgもある木片を避けるためでした。

しかし完全に避けきれず一部を踏んでしまい、跳ね上がった木片がドライブレコーダーを搭載していた撮影者に直撃。

避けられない災難ですが、もう少し車間は開けたほうが良いかもしれません。

コメントを残す