カリフォルニアの火災の後がまるで戦後の焼け野原

カリフォルニアで発生している大火災、焼けた後の様子をドローンで撮影したらそこはまるで戦後の焼け野原のような状態でした。

被害がここまで大きくなってしまった原因は、火元が複数、つまり多発的に発生し、空気も乾燥していてさらに強い風が吹いたために一気に燃え広がってしまったみたいです。余りにも火災の規模が大きすぎて、被害の全容がまだ見えていません。

コメントを残す