バイクに積んだポリタンクに給油中のアクシデント

バイクに積まれたポリタンクにガソリンを給油していたら引火。店員さんが慌てて消化器を準備して大事に至らず…と思ったら、片側のポリタンクが給油により重くなりバランスを崩して転倒。消火剤を噴射しますがこれは手遅れかも…

12 thoughts on “バイクに積んだポリタンクに給油中のアクシデント

  1. 匿名

    ポリタンクに勢いよくガソリン 入れるとタンク内に静電気発生することは意外と知られていない。

    ポリタンクもガソリンも絶縁体だから勢いよく入れたら静電気発生するし、ガソリンの入ったポリタンクを揺らすとチャプンチャプンなるけど、それだけでも静電気発生する。

    Reply
  2. 匿名

    消防法で、ガソリンをポリタンクへ入れるのは禁止。金属製のタンクだけ使える。
    灯油用のポリタンクへもガソリンを入れてはいけない。揮発性の高いガソリンは、キャップから漏れ出すか、ポリタンクを破裂させてしまう。またポリタンクを溶解させる力もある。

    Reply

コメントを残す