遮断器の降りた踏切を余裕ぶっこいて渡るクレイジーな男

遮断器が降りた踏切を横断する男。しかし既に列車が近くまで来ていました。すぐ近くまで来ているのに余裕ぶっこいてのうのうと踏切を横切ります。ギリギリセーフだと思いますが、ピンク色のショッピングカートは接触していたかもしれません。

One thought on “遮断器の降りた踏切を余裕ぶっこいて渡るクレイジーな男

コメントを残す