貨物船のエンジンが故障しボスポラス海峡沿岸の邸宅に突っ込む

トルコのイスタンブールでボスポラス海峡を通過していたマルタ船籍の貨物船ビタスピリットのエンジンが故障。この故障によって操縦不能に陥ってしまい、沿岸の邸宅に突っ込んでしまいました。

貨物船は全長225メートル、コンビニエンスストアに乗用車が突っ込むのとはスケールが違いますが、幸いけが人はいないそうです。

コメントを残す