進化し続ける男子100M走、1896年~2012年の記録を振り返る

トレーニング方法の進化、シューズの進化、商業化によるスポンサー企業のバックアップ。
いつか9秒台前半、さらには8秒台で100Mを走る人が現れるかも知れません。


One thought on “進化し続ける男子100M走、1896年~2012年の記録を振り返る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。