ウニは全身が“眼”だった

ナショナルジオグラフィック ニュースに、とても興味深い研究結果が発表されました。

ウニは“足”の付け根からトゲの先端まで、体の表面全体を巨大な“眼”として使っているそうです。

詳しくは、ナショナルジオグラフィック ニュースのウニは全身が“眼”だった を御覧ください。

ウニは全身が“眼”だった


One thought on “ウニは全身が“眼”だった

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。