パソコン不調の原因は、コンデンサパンク

XP搭載のデスクトップパソコンの調子が悪くなりました。
何も作業をしていなくても、ハードアクセスランプが点灯したまま。

古いPCなので、いよいよハードが弱ってきたのかと思っていました。
しかし、ハードの健康状態をチェックしても、問題は無し。
あらゆる手段を試みましたが、よくなる気配がなかったので、まさかと思いケースを開けてみると・・・

コンデンサがパンクしていました!

パンクして液漏れしていました。
パソコン コンデンサ パンク

一箇所パンクしていると言うことは、同じコンデンサも高確率でパンクしているはずです。
やはり他にもパンクしていました。
これはまさか、不良電解コンデンサ問題の・・・??
パソコン コンデンサ パンク

コンデンサの異常は、頭の部分が膨張しているとすぐに発見できますが、
下部だけが膨張していることもあるので、他も悪いと疑うべきです。

一般的に、コンデンサのパンクが見つかったときは
1.マザーボードごと交換する。
2.諦める(買い替え)

ですが、世の中にはコンデンサの交換をしてくれる業者もあります。
悪いところだけを交換しても、目視だけでは判断できない駄目なコンデンサがあったり
今後悪化する可能性が高いので、マザーボード上のコンデンサを全部交換します。

その料金は1万円~2万円位だったと思います。
マザーボード交換の方が安いかもしれません・・・

One thought on “パソコン不調の原因は、コンデンサパンク

コメントを残す