Kindle Fire HD レビュー、Nexus 7 との比較

12月18日、AmazonからKindle Fire HDが届きました。
年明けになると思っていましたが、予定よりかなり早く届いてビックリ。

早速箱を開けてみました。

Kindle Fire HDをAmazonで購入した時のアカウントが既に本体に登録されていたのには驚きました。
Wi-Fiの設定をすればすぐにでも買い物ができる状態です。
挨拶文も名前入り。
一見親切にも思えてしまいますが、Amazonの商売気の強さを感じました、さすがAmazon。

Kindle Fire HDをNexus 7と比較してのレビュー

・Kindle Fire HDはNexus 7より重い
スペックではKindle Fire HDが395g、Nexus 7が340gです。
実際にデジタルスケールで確認してみました。

Kindle Fire HD:392g
Nexus 7:340g

・液晶モニターは綺麗
Kindle Fire HDの液晶モニターはとても綺麗です。Nexus 7と同じくらいだと思います。
個体差があるかも知れませんがKindle Fire HDの方が少し黄味がかって見えます。
尿液晶と言われているものではなく、色温度の違いです。

・キーボード入力
キーボード左下の”文字 あA1″を長押しすると、フリック入力(テンキーモード)とフルキーモード(QWERTY)の切り替えができます。
NexusのGoogle日本語入力のように、日本語の時はフリック入力、英字入力の時はQWERTYに自動で振り分けてくれると良いのですが。
Amazon APPでGoogle日本語入力出してくれないかな…

・音質が良い!
Nexus 7と比べたらその差は歴然。 Kindle Fire HDの音はかなり良いです。スピーカーが左右に付いています。

・ホーム画面が無い???
一番困惑したのが、ホーム画面。
Kindle Fire HDには一般のタブレットPCのホーム画面に相当するものが存在しません。
一応ホームボタンがあるのでホームが無いわけではありませんが、一般のAndroidタブレットのようにアイコンが並んでいないので慣れが必要です。

・ウィジェットが無い?
これにも困惑しました。まだKindleを触って間もないのですが、恐らく便利なウィジェットは使えません、たぶん…。

・基本は横向き
カメラのレンズの位置、スピーカーの左右の位置からKindle Fire HDは横向きで使用する仕様になっています。

・Twonky Beamでテレビの視聴も可能
Nexus 7 同様、nasneとアプリのTwonky Beamがあればライブチューナーでテレビを視聴できます。

・Amazon ストアで手に入るアプリはまだ少ない
有名アプリはある程度揃っています。今後に期待しましょう。

スペックや液晶モニタ等はnexus 7 と比較できますが、使い勝手は普通のAndroidタブレットとはかなり異なります。
Kindle Fire HDをタブレットPCとして購入される消費者も多いかもしれませえが、
Amazonにとっては、Kindle Fire HDは、Amazonのデジタルコンテンツを売るためのツールです。
ですが、使い方を知ればタブレットPCとしての利用も十分にできるでしょう。

安価なので買って損することは無いでしょう。

今後が楽しみです。

One thought on “Kindle Fire HD レビュー、Nexus 7 との比較

コメントを残す