女子がブースターケーブルでジャンプ手順ミス

エンジンがかからなくなってしまったらしく、女子がブースターケーブルでジャンプスタートに挑戦したようです。ところがプラスとマイナスの端子を間違えたらしく、過電流になり熱を持ってしまったみたいです。車両の他の電装品も壊れている可能性があり、車両のコンピュータも壊れてしまったら修理代も高額です。

驚いたことに、エンジンがかからなくなってしまった理由はガス欠だったそうです。

 

“女子がブースターケーブルでジャンプ手順ミス” への3件の返信

  1. 匿名

    会社の駐車場で同僚がバッテリー上がりの車にケーブルつないで・・
    よせばいいのに覗き込んだらバッテリーが爆発
    アレ全体がが破裂するんじゃなくてバッテリーの上蓋部分が吹っ飛ぶ
    大きな破片は当たらず軽い怪我で済んだけど液でシャツはボロボロ
    メガネかけてなかったら目もやられてたと思う。

    返信

コメントを残す

CAPTCHA