宅配便の車が不良少年の投石攻撃を食らう

宅配便の配達をしていたところ、車に設置されていたドライブレコーダーがゴンッゴンッと車両に何かが当たる音を拾っています。なんと十代前半の不良少年が石を投げていたのです。配達員は慌てて車を移動させようとしますが、フロントガラスに石が直撃して割れてしまいました。

この投石攻撃によって日本円にして約30万円程の損害を受けてしまいました。

 

“宅配便の車が不良少年の投石攻撃を食らう” への7件の返信

コメントを残す