中国人芸術家、父の遺骨を使った驚きのアートを公開

中国の芸術家、司原逐冀氏が清明節の3連休(先祖の墓参りに行く日本のお盆のような日)。司原逐冀氏が父親の墓を新しい墓に引っ越しす際に遺骨を取り出しシートの上に寝かせます。そしてその隣に司原逐冀氏が裸になって寝っ転がるパフォーマンスを披露。この理解を超えたアートを多くの人が不快に思ったようです。

このアートに興味がある方は、司原逐冀氏のオフィシャルサイトを御覧ください。ぼかし無しの画像が掲載されています。