虫の居所が悪い少年、公共の設備に八つ当たり

中国吉林省の長春市の地下鉄2号線で、虫の居所が悪かったのか少年がエスカレーターの横のパネル部分を数発強く叩きます。さらに通路のドアパネルを蹴り変形させてしまいました。ドアパネルが変形して67,000円の損失となりました。

中国は2億台以上の監視カメラが設置されていると言われていて、今後はさらにカメラの数は増えるそうです。問題行動がすぐに発覚して下手なことできない社会になるかもしれません。