ロシアの工場で爆発、その瞬間を監視カメラが撮影

ロシア・レニングラード州のサンクトペテルブルク近くの工業地帯、キンギセップにある広さ約600平方メートルの化学工場が爆発しました。この爆発による汚染物質の放出は無いそうです。燃料や潤滑油が入ったドラム缶に火が回って爆発したそうです。爆発の衝撃が強くて、近隣住民は地震が来たかと思ったそうです。