中国で女が団子を箸でつついたら爆発、顔面を火傷

中国では元宵節と呼ばれる春節から数えて15日目の満月の日を祝う習慣があるそうです。元宵節の日には元宵と呼ばれるもち米の粉でつくった団子を食べるそうです。

女性が鍋に入っていた元宵団子を箸でつついたら、突然団子が爆発。元宵団子の中には熱い油等がたっぷり入っていたらしく、団子の内容物が顔面に飛んで火傷をしてしまいました。

いつどこで何が爆発するのか分からない、それがチャイナボカンです。