いよいよ開発した装置を使う時が来た!

失敗は成功のもと、それはたとえ失敗してもその原因を追求したり、改善を加えて成功に導くこと。この少年もこの痛い失敗を二度としないよう、挫折すること無く原因を追求して改善を加えて成功して欲しいものです。