鍋の具材にされる寸前で生き残るために奥の手を使うザリガニ

生き残るための本能がこれほどまで凄いとは、恐れ入りました。土壇場でこのような判断を下すなんてことは、人間ならなかなかできることではありません。熱湯に浸かり使い物にならなくなったと分かったのでしょうんか。このしたたかさに感動したのか、このザリガニは鍋の具材にされずに済んだみたいです。