電動丸ノコで危うく顔を切断しそうになる男

電動の丸ノコを使って配管のような物を切断しようとしている男性作業員。順調に作業が進んでいると思ったら突然丸ノコが何かの拍子に跳ね返ってしまい、高速回転する歯が男性の顔をザクッと切ってしまいそうになりました。顔にあたったのは歯の手前の部分だったようです、危ない危ない。