飛躍的な進歩を見せる二足歩行ロボットAtlasが

2013年から人型ロボットアトラスの開発が始まり、開発初期の頃は、歩きかたもぎこちなく、転倒を繰り返すような完成度でした。ところが開発から約5年でずいぶんと進歩しています。運動神経の悪い人よりも動きが良いですね。

 

コメントを残す