間一髪で暴れ牛に顔面を踏みつけを免れる

体重1トン位ありそうな大きな雄牛。後ろ足を思いっきり蹴り上げた後、足が地面に着地しようとしますがそこには倒れたブルライダーが。高いところから落ちてきた後ろ足に顔面を踏まれたら頭蓋骨が潰れてしまうかもしれませんが、ギリギリセーフでした。

 

コメントを残す