にっちもさっちも行かなくなったフォークリフトの運転手

ガラス瓶の運搬をしていたフォークリフトの運転手。高所の瓶の塊が崩れかけています。この状況で被害を最小限に食い止めるにはどうしたら良いのかじっくり考えていられる時間もありません。

せめてガラス粉を吸わないようにしたいものですね。

 

“にっちもさっちも行かなくなったフォークリフトの運転手” への2件の返信

コメントを残す