インドで4つの言語を話す人型ロボットが開発される

インド人ソフトウェアエンジニアのRanjit Srivastavaさん(38歳)が、ヒンディー語、ボウピリ語、マラティ語、英語の4つの言語を話すことができるロボットが開発されました。

このロボットはAI(人工知能)、LI(言語解釈)、視覚データ、顔認識システムも搭載されていて、コミュニケーション能力も有しているそうです。それでいて低コストってのがこのロボットの凄いところ。

因みにこのロボットは女性です。

 

“インドで4つの言語を話す人型ロボットが開発される” への2件の返信

コメントを残す