サーモン加工業者がウィルスに汚染された血を垂れ流し

カナダのサーモン加工業者が、養殖したサーモンを加工した際に出た血液をパイプからバンクーバー島の西側の海に大量放出していた事実が発覚。大量に垂れ流されていた血液は、ノルウェーの養魚サーモンでも問題になっているウィルス、HSMIに汚染されているそうです。HSMIウィルスは天然の鮭の心臓や骨・筋肉に炎症を起こし、太平洋の絶滅させてしまう可能性があると言われています。他にも抗生物質を多用し、耐性のついた様々なウィルスにも汚染されてい疑いもあるようです。

今までも血液垂れ流しの噂がありましたが確かな証拠がありませんでした。しかしこの映像が決定的な証拠になることは間違いありません。

 

“サーモン加工業者がウィルスに汚染された血を垂れ流し” への5件の返信

  1. 匿名

    潜入取材か?
    行きて帰れてよかったな、下手したら殺されて沈められる。
    俺は怖くてできないな。

    返信

コメントを残す