アメリカンエアラインの旅客機が雹害で鼻がグシャグシャに

アメリカンエアラインのフェニックス行きの旅客機がニューメキシコ州の上空を飛行中に激しい雹に襲われ、緊急着陸しました。緊急着陸した旅客機はレドームと呼ばれている鼻の部分とフロントガラス、コクピットサイドガラスが激しく破損。幸いエンジンには損傷がなかったそうです。乗客らはフロントの損傷の件は知りませんでしたが、激しい乱気流に揉まれ、エチケット袋(ゲロ袋)が1人につき1袋では足りなかったそうです。

 

“アメリカンエアラインの旅客機が雹害で鼻がグシャグシャに” への2件の返信

コメントを残す