中国の衛生打ち上げロケットのブースターが民家近くで爆発

中国の人工衛星打ち上げロケットから切り離された、使用済みの第一ステージの燃料ブースターが、中国南西部の貴州省の町の民家からすぐ近くの森に落下、爆発しました。この燃料ブースターには毒性の高い非対称ジメチルヒドラジンが使用されていて、皮膚に対する腐食性があり、発がん性物質としても認められています。

中国は過去にロケット打ち上げで500人以上が犠牲になるような失敗をしていますが、海外メディアも追い出して無かったことにしようとした前科があります。

 

“中国の衛生打ち上げロケットのブースターが民家近くで爆発” への3件の返信

コメントを残す