建物の解体作業中、養生シートが倒壊

中国広東省の東莞市(とうかん-し)で、古い3階建ての建物の解体作業中をしています。粉塵や小石の飛散を防ぐ為に竹の骨に張られていた養生シートが倒壊、電線に接触してしまいショートしました。まるで火がついた爆竹のように激しい音と火花を出していまが、幸い死傷者出なかったそうです。